1人旅|フォトジェニックな風景を求めて撮影三昧

8:00車で福岡市内を出発

車で約3時間

ツルの飛ぶ画像

国の特別天然記念物にも指定されている唯一無二の景色。日本最大級のツル渡来地。

飛来数と種類の多さは日本一

まずは絶対に外せない撮影スポットへ!
11~3月にかけて出水に滞留するツルは1万羽と言われており、期間中はどの時間帯でもツル観察センター周辺を中心にいたるところでツルを見ることができる。 餌をついばんだり、羽つくろいをしたり、力強く羽ばたいたり…。ツルの優雅な一瞬の姿を見逃さずに撮影しよう

【DATA】
  • 電話:0996-85-5151(出水市ツル観察センター)
  • 住所:鹿児島県出水市荘2478-4
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 開館期間:11月1日~3月第4日曜
  • 定休日:期間中なし
  • 料金:大人210円、小・中学生100円
ツルの画像 たくさんのツルに圧倒

1年中バートウォッチングが楽しめる出水の野鳥MAP

日本で見られる約600種類の野鳥のうち、300種類を見ることができると言われているバードウォッチングの聖地・出水。 ツルの渡来時期以外にも1年を通して、市内各地で様々な野鳥に出会うことができる。おでかけする時期に見られる野鳥をチェックして、ぜひ探してみよう!

野鳥マップPDF
ツルの画像

車で約30分

12:30 遇祥庵

武家屋敷群にひっそりと佇む「隠れ蕎麦屋」で石臼挽き十割蕎麦を楽しむ

撮影後のランチは、知る人ぞ知る蕎麦屋で十割蕎麦を。旧家をそのまま利用した趣のある空間で、洋食出身の店主が打つ手打ちの十割蕎麦を食す。 蕎麦を注文すると出てくる「付き出し」も手が込んでいると人気。
店内から眺めることができる風情溢れる日本庭園は、絶好の撮影ポイント

【DATA】
  • 電話:090-8299-6908
  • 住所:鹿児島県出水市麓町10-33
  • 営業時間:11:00~なくなり次第終了
  • 定休日:月曜日
    ※月曜が祝祭日の場合は営業。翌日が定休日。
ツルの画像

徒歩で3分

14:00 出水麓武家屋敷群

400年前の石垣や屋敷が残る武家屋敷群を散策し、歴史を感じる1枚を撮影

碁盤の目のように整然と区切られた道路、美しい石垣や生垣、風格ある武家門など、江戸時代に薩摩藩の外城として栄えた当時の面影が残るエリアを散策。 2つの公開武家屋敷では、雨天時に練習する弓場や隠し部屋、貴重な調度品など、往時の生活を間近に感じる様子を写真に収めることができる。

【DATA】
  • 電話:0996-62-5505(出水市公開武家屋敷「竹添邸」)
  • 住所:鹿児島県出水市麓町5-17
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:なし
  • 料金:以下の料金で出水麓歴史館・竹添邸・税所邸の3施設に
       入館できます。
       高校生以上500円(450円) 小中学生300円(250円)
       ※(  )内の料金は20人以上の団体料金
武家屋敷群

車で約15分

15:30 湯川内温泉 かじか荘

ひなびた雰囲気と、珍しい足下湧出の温泉として温泉ツウに人気の秘湯に浸かる

撮影ポイント巡りのラストは、温泉ツウの間で「秘湯」として支持される湯治宿。島津家御用達の湯でもあった歴史ある温泉は、浴槽の底からお湯が湧き出る足下湧出。 肌に優しいぬるめのお湯は、いつまでも入っていられると評判。いかにも湯治宿といった風情漂う建物も、ぜひ撮影したいポイント。

【DATA】
  • 電話:0996-62-1535
  • 住所:鹿児島県出水市武本2060
  • 営業時間:7:00〜21:30
  • 定休日:なし
  • 料金:日帰り入浴300円
湯川内温泉  かじか荘

車で20分

17:00 特産館 いずみ

旅のお土産を購入。10~3月なら、旬を迎える甘くて瑞々しい柑橘類がオススメ

お家で待っている大切な方のために、はたまた自分のためにお土産を購入。「特産館いずみ」には、1年を通して出水の新鮮な農産物やお土産が揃う。 特にオススメなのは、冬の間に次々と旬を迎える柑橘類。10月からは温州みかん、12月からはスイートスプリング、2月からはでこぽんやせとかが出回る。

【DATA】
  • 電話:0996-62-1888
  • 住所:鹿児島県出水市下知識町479
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:1月1日、2日
特産館いずみ

車で約3時間

20:30 福岡市内に到着

観光スポットMAP